映画を大迫力で観たいならシアタールームを作ろう

部屋
床

塗料の種類と業者の腕

フロアコーティングでは、フロアに光沢を与えるウレタン系やシリコン系の塗料、硬度の高いガラス系塗料、短時間で硬化するUV硬化系塗料を選ぶことができます。業者には見本を見せてもらえるので、比較しながら希望に合うものを選ぶことが大事です。また、より良い仕上がりにするため、業者の腕も確認する必要があります。

ホームシアターを作る

シアタールーム

業者に依頼した時の費用

住宅にシアタールームを作ろうとした場合、近所の迷惑にならないように、部屋を防音するための工事をする必要があります。本格的なシアタールームを作成するときには、壁だけでなく天井や床など全てを防音する事になるため、費用は高くなります。一般的な6畳の部屋をシアタールームにした場合、防音工事にかかる費用は200万円程度が相場になります。部屋をシアタールームにするためには全面改装を行う必要があり、大型プロジェクターや音響設備を取り付けます。また防音だけでなく、音響効果も兼ね備えたシアタールームを作ろうとした場合には、6畳のスペースで400万円程度の予算が必要になってきます。本格的なシアタールームでは複数のスピーカーを取り付ける事で、臨場感のある音響効果を作り出せます。本格的なシアタールームではなく、リビングをシアタールームとして利用するタイプであれば、6畳で100万円程度の費用で済みます。リビングをシアタールームとして使う場合には、間取りの変更や防音材の設置の工事が行われ、工期は1ヶ月程度になります。業者に依頼してシアタールームを作るときの流れとしては、始めに予算や目的を業者に伝えプランを作成してもらいます。業者は見積もりとプランを作成してくるため、その内容に納得できれば契約をし、具体的な防音や音響の設計を行います。工事は設計に沿って行われ、プロジェクターや音響装置の設置後に、調整をしてから引き渡しとなります。

室内

比較を繰り返すと良い

フロアコーティングを大阪において行なう時には、事前に業者の提供しているサービスを比較すると良いです。そして安全性や信頼性に関しての情報を、データを中心にして検討すると、品質の高い業者を見つけることができます。

床

コーティング剤ごとの特徴

フロアコーティングでは、様々なコーティング剤を選ぶことができます。床に弾力を与えるシリコン系や、硬度と耐水性の高いガラス系、耐用年数が20年と長いUV硬化系などです。それぞれ値段も異なっているので、それも考慮して選ぶことが大事です。また施工時には、家具の移動なども業者が行うので手軽です。